どもです。

 早速ですが、8月24日付で今まで勤務していた会社を退職し、9月1日付けで新たな会社に転職しました。

 転職した理由は色々ありますが、
 「エンジニアの給料が上がらないのは、転職しようとしない人の給料を上げる理由がない」という思考があったこと。
 前職の同僚や上司に当たる人に相談しても普通に慰留されるだけだろうと推測していた(後に、慰留して誤魔化そうと考えていたことを確認してます)ので、ほぼ水面下で動き、無事に転職となりました(Twitter上では転職の意思がある旨を書いていたので、"ほぼ" としてます)。



 さて、本題。

 少し前にInstagramで数枚写真をアップしたあれの紹介です。

DSC06979

 「ラブライブ!サンシャイン!! 津島善子 Blu-ray ジャケット Ver. 1/7 スケールフィギュア」です。(特定サイト限定受注生産、執筆時点注文不可)

 (「善子じゃなくてヨハネー!」と聞こえてくるのは私だけでしょうか←)

 バンダイナムコアーツ(ランティスやバンダイビジュアルの名で分かる方が多いでしょうか)の作品群とグッドスマイルカンパニーがコラボしたプロダクトレーベル「With Fans!」から発売されたものです。

 2018年11月上旬に予約注文、発売予定時期の19年8月末に無事届きました。(過去に1ヶ月遅延が2度あったもので、予定はあくまで予定だろうという思考回路が…)

 「Blu-ray ジャケット Ver.」とあるように、ラブライブ!サンシャイン!! TVアニメ1期 Blu-ray第4巻のジャケットイラストをフィギュア化したものになります。(Blu-ray 第4巻 特装限定版封入の録り下ろし曲「Daydream Warrior」はマジでおすすめです)


 まずは、全身を数枚。

DSC07010
ILCE-6000, SELP1650, 31.0mm, 1/60, F6.3, ISO6400, -3.7EV

DSC07018
ILCE-6000, SELP1650, 31.0mm, 1/60, F6.3, ISO4000, -3.7EV

DSC07024
ILCE-6000, SELP1650, 31.0mm, 1/60, F6.3, ISO5000, -3.7EV

 後ろ姿
 Blu-ray ジャケットでは見ることができない後ろ姿がしっかり作り込まれていました。

DSC07220
ILCE-6000, SELP1650, 23.0mm, 1/60, F5.6, ISO3200, -4.3EV

DSC07236
ILCE-6000, SELP1650, 23.0mm, 1/60, F5.6, ISO6400, -4.3EV

 撮影環境上、分かり辛いですが、パール塗装されている上に、グラデーション塗装されているので、質感表現は本当に良く、上品な仕上がりになっていました。

DSC07150
ILCE-6000, SELP1650, 36.0mm, 1/60, F10.0, ISO10000, -5.0EV

DSC07268
ILCE-6000, SELP1650, 30.0mm, 1/60, F5.6, ISO2000, +1.3EV


 フリー撮りしたものをまとめて。

DSC07055
ILCE-6000, SELP1650, 50.0mm, 1/80, F5.6, ISO2000, -4.7EV

DSC07060
ILCE-6000, SELP1650, 33.0mm, 1/60, F5.0, ISO3200, -4.3EV

DSC07108
ILCE-6000, SELP1650, 50.0mm, 1/80, F5.6, ISO12800, -3.7EV

DSC07119
ILCE-6000, SELP1650, 50.0mm, 1/80, F6.3, ISO4000, -5.0EV

DSC07131
ILCE-6000, SELP1650, 31.0mm, 1/80, F6.3, ISO4000, -5.0EV

DSC07113
ILCE-6000, SELP1650, 50.0mm, 1/80, F10.0, ISO16000, -3.7EV

DSC07180
ILCE-6000, SELP1650, 33.0mm, 1/60, F5.0, ISO4000, -4.0EV


 Blu-ray ジャケットのイラストをフィギュア化する事自体、滅多にない事なので、ジャケットイラストフィギュアシリーズの発表時(「ラブライブ!サンシャイン!!」TVアニメ2nd Season 最終話上映会イベントの終盤)には、本当に驚いてました。
 Aqours メンバー9人全員を揃えるという猛者は…少なくないとは思いますが、推しのフィギュアだけでもと買った甲斐はありました。それぐらい満足しています。



 かなり話変わりますが、10月14日に田村ゆかりさんのファンクラブイベントがパシフィコ横浜で行われまして
 過去、ファンクラブイベントの中で、バースデーライブ(2018年・武蔵野の森)やバースデーイベント(2019年・大阪)の開催が発表されていて、今回もバースデーライブかバースデーイベントの開催発表がありそうだなぁ…とは思っていたんです。

 こちらを見ていただければと思うのですが…



 2020年ツアー日程:
  ・
  ・
  ・
 6月20日(土) 北海道・カナモトホール (札幌市民ホール)

 約5年振りの北海道でございます。(前回は2015年5月17日でした)
 発表直後、発狂寸前になるほど歓喜してました。おそらく、2017年9月の横浜アリーナ公演開催決定並だったかと。
 個人的には、もう少し動くのが早ければ前回公演のチケットは取れていただけに、是が非でも行かねばならないのだ状態です。

 6月の北海道公演で何か出来ればとは思っていますが、本当にやり遂げれるのかと考えると一歩が踏み出せない。そんな状況です。(フラスタとか…)

 早くても来年のツアーが終わる頃(8月下旬)までは何があっても(色々な意味で)死ぬことはないと思うので大丈夫だと思います(((

 ライブ参戦で行ったことのない地に行ってみたい欲望はあるので、本業と他のスケジュールと睨み合いをしつつ決めていこうかなとは考えてます。